女性の薄毛(FAGA)
症状・タイプ

FAGAとは

女性の薄毛

FAGAとは

「FAGA」とは、「female androgenetic alopecia」の略で、「女性が罹患する男性型脱毛症」という意味です。近年は、「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。
女性に起こる薄毛や脱毛のことを指し、頭部全体が薄くなる傾向が多いのが特徴です。
とくに、女性ホルモンの分泌が低下しはじめる更年期に起こりやすくなる症状です。
男性の薄毛(AGA)が、額や頭頂部分の薄毛が進行しやすいのとは対照的ですが、男性のように、額や頭頂部分から薄くなる女性も増えています。

FAGAは、虫歯などと同様に、自然治癒することはほとんどなく、放置していると症状が悪化していく進行性の疾患であることが特徴です。

FAGAのタイプ(症状)と進行パターン

FAGAの症状にはさまざまなものがありますが、以下のようなことがあてはまる場合は、注意が必要です。

  • おでこが広くなってきた
  • 分け目の広がりが気になる
  • シャンプーなどの際に抜け毛が増えてきた
  • 朝起きると枕に抜け毛がある
  • 頭頂部の地肌が見えるようになってきた
  • ボリュームがダウンしてきた
  • ハリ・コシがなくなってきた
  • 親族に薄毛の方がいる
  • フケ・かゆみが増えてきた

FAGAには、大きくわけて3つのタイプ(症状)があり、それによって進行パターンも異なります。
まずは、ご自分がどのパターンにあてはまるのか、確認してみましょう。

ルードウィッグ型

ルードウィッグ型は、FAGAでもっとも多い症状です。生え際の後退はないものの、頭頂部から後頭部が薄くなっていく症状です。
ルードウィッグ型は、進行の度合いによって、さらにⅠ型からⅢ型の3つに分類されます。

<Ⅰ型>

正面から頭頂部が、全体的に薄くなった状態です。この段階では、他人に指摘されるまでは、気づかない方も多くいらっしゃいます。

<Ⅱ型>

薄毛の領域が、Ⅰ型よりも拡大した状態です。自分で鏡で見て、わかるくらいになります。

<Ⅲ型>

前頭部から徐々に後退しはじめている状態です。男性のAGAと似た症状になってきています。

クリスマスツリー型

クリスマスツリー型は、生え際から頭頂部の真ん中が薄くなっていくタイプです。文字通り、クリスマスツリー状に枝を左右い広げたように薄くなる症状で、別名「オルセン型」ともいわれます。
生え際が薄くなるため、初期症状でも目立つことが多い
のも特徴です。

ハミルトン型

ハミルトン型は、生え際に剃りこみが入ったタイプです。男性のAGAと似た症状で、いわゆる「M字型」に薄くなります。
男性に起こりやすい症状が女性に起こる原因として、加齢による女性ホルモンの分泌量の減少などが考えられます。

さまざまな女性の薄毛

  • びまん性脱毛症
    「びまん」とは、「一面に広がる」という意味です。男性のように部分的に脱毛が進むのではなく、頭皮全体が薄くなるのが特徴です。
  • 牽引性脱毛
    髪をしばるなどの長期間にわたる頭皮の物理的刺激により、負荷がかかる部分の髪の毛が後退し、薄毛になるのが特徴です。
  • 分娩後脱毛症
    妊娠中から出産後にかけてホルモンバランスが乱れることにより、一時的に抜け毛が増えることが特徴です。
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)
    年齢が上がるにつれて女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けることで男性型脱毛症の症状が現れます。
  • 円形脱毛症
    ある日突然、なんの前触れもなく一気に髪が抜けるのが、円形脱毛症の特徴です。人によっては、1ヵ所だけでなく数ヵ所脱毛してしまう場合もあります。

こういったお悩みをお持ちの方は、
B&Hメディカルクリニック
ご相談下さい。

ご心配・ご不安に思われていること、
疑問など、どんなお悩みにも
すべてお答えします。
当院は女性にも安心して治療いただけるように、女性専用の治療もご用意しております。

FAGA無料カウンセリング予約はこちら

無料カウンセリングWeb予約

>FAGA無料カウンセリング予約(Web)

無料カウンセリングLINE予約

>FAGA無料カウンセリング予約(LINE)

FAGA(女性の薄毛)の主な原因

女性の薄毛は、さまざまな要因が複雑にからんでいることがほとんどです。主な原因として挙げられるのが、女性ホルモンの分泌量の減少、生活習慣、遺伝などです。

女性ホルモンの分泌量の減少

FAGAの原因としてもっとも多いとされているのが、女性ホルモンの分泌量の減少です。

女性ホルモンのエストロゲンは、 髪の毛の成長や維持に必要なホルモンです。そのため、エストロゲンが減少すると、髪が成長しにくくなる、新しい髪が生えにくくなるなどの状態になり、薄毛になってしまいます。

女性ホルモンの減少は、ほとんどが加齢や更年期にともなって起こる現象で、40代になると増えてきます。加齢につれて薄毛になってしまうのは、このようなことが関係するのです。

生活習慣

生活習慣も、FAGAの原因とされています。かたよった食生活や極端なダイエット、睡眠不足、運動不足、ストレスなどは、血行不良(冷え性)を引き起こしてしまいます。血行不良になると、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなり、健康な髪の毛が生えにくくなってしまうのです。
また、喫煙や過度な飲酒も、血行不良の要因になります。

遺伝

遺伝については諸説あり、正確なところは解明されていません。
しかし、両親、あるいは母方の家系に薄毛が見られる場合、FAGAとなる確率が高いとされています。そのため、親族に薄毛の方がいる場合は、注意が必要です。

そのほかの原因

上記以外にも、肥満、ピルの服用、間違ったヘアケアの仕方、紫外線によるダメージ、眼精疲労、パーマやカラーリング、低血圧など、さまざまな原因が考えられます。

毛周期

肌にターンオーバー(新陳代謝)があるように、髪にも成長サイクルがあります。
ヘアサイクル(毛周期)には、「成長期」「退行期」「休止期」があり、通常は2~6年の周期で繰り返します。しかし、女性型AGA(FAGA)でヘアサイクルが乱れることで「成長期」に髪が十分に成長しないまま「退行期」「休止期」を迎え、数ヶ月~1年程度で周期が終わります。
実は、髪の元となる毛根には寿命があり、ひとつのヘアサイクルは15回程度とされています。そのため、女性型AGAを発症すると、ヘアサイクルが早く繰り返されるので、毛根が早く寿命を迎えてしまいます。

ヘアサイクルイメージ写真

FAGAの治療方法

FAGAは生活習慣の乱れが原因となっていることも多いため、規則正しい生活を送ることで、ある程度は脱毛を抑えられる可能性があります。ただし、抜け毛の予防にはある程度効果が得られる可能性があるものの、生活習慣を改善するだけでは、発毛効果はほとんど期待できません。
また、忙しい現代社会では、生活習慣を完全にコントロールするのは困難かもしれません。しっかりと発毛・育毛したい方は、医療機関での治療をおすすすめします。


FAGA治療の詳細

投薬治療

B&Hメディカルクリニックでは、女性専用オリジナル薄毛治療薬をご用意しております。ミノキシジルなどを主成分としており、多くの方に発毛効果を実感いただいています。
外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)がございますので、お好みや症状に合わせてお使いいただけます。なお、AGAの治療に利用されるフィナステリドデュタステリドは女性は利用できないため、注意しましょう。


薄毛治療薬の詳細

メソセラピー

当院では、患者様一人ひとりの症状や頭皮状態に合ったオリジナルのカクテルをご提供させていただいています。発毛実感率は99.8%と、多くの方にご満足いただいています。
なお、痛くないノーニードルメソセラピーもご用意していますので、痛みが苦手な方にもおすすめです。


メソセラピーの詳細

HARG(ハーグ)療法

HARG(ハーグ)療法とは、メソセラピーとよく似ていて、頭皮に「HARGカクテル」という成長因子を直接注入する治療方法です。使用される薬剤が決まっているため、どのクリニックで受けても、治療効果には大きな差がないのがメリットです。ただし、メソセラピーよりも費用が高額になることがほとんどです。


植毛

投薬治療や注入治療で効果が得られないほど症状が進行している場合、植毛を施します。合成繊維で作られた毛を頭皮に植え込んでいく「人工植毛」と、自分の髪の毛を植毛する「自毛植毛」があり、現在は自毛植毛が主流です。
植毛は、治療費用が平均100~300万円と、かなり高額な手術になります。また、メスを利用する場合は、傷口が残ってしまいます。そのため植毛は、投薬治療や注入治療で改善が見込めない場合に検討する最後の手段といえます。


サプリメント

育毛サプリメントに限らず、サプリメントは「栄養補助食品」といわれています。医学的に効果が認められているわけではないため、「効果・効能」を謳うことは、法律で禁止されています。
育毛に直接的な効果があるわけではなく、育毛に必要な成分を補ったり、頭皮の血行をよくしたりすることが主な目的です。
数えきれないほど販売されているサプリメントを選ぶ際には、成分をしっかりと確認しましょう。当院オリジナルの 「HGPタブレット」は、卵黄タンパク由来成分を凝縮し、学術論文や発表もされている治験結果にてエビデンスを取得した成分です。薄毛の原因となっている毛母細胞・毛乳頭細胞に直接はたらきかけ、弱った細胞の賦活化を助けます。


漢方薬

薄毛に治療には、漢方薬も有効です。東洋医学では、「髪は血の余り(血余)」とされていて、血があまってできたものが髪の毛です。そのため、血が不足すると、薄毛になるとされています。即効性があるわけではなく、時間をかけて体質から改善するため、気長に治療に取り組む必要がある治療法です。
効果があるとされている漢方薬には、「六味地黄丸」「八味地黄丸」などが挙げられます。ただし、漢方薬は種類が多すぎるため、どれがいいのかを選ぶのは難しいかもしれません。信頼できる医師に処方してもらうようにしましょう。


鍼灸・ツボ押し

漢方と同じ東洋医学の鍼灸やツボ押しも、女性の薄毛改善効果が期待できます。東洋医学では「髪は腎の華」といわれていて、腎のはたらきによって、髪が成長するとされています。つまり、髪にトラブルがある場合は、腎のはたらきを高める必要があるのです。
腎のはたらきを強めるツボとしては、「太渓」「腎愈」、女性ホルモンのバランスを整えるツボとしては「三陰交」などが有名です。
ツボ押しやお灸はご自分ですることも可能ですが、最初はツボの場所がわかりにくいため、できれば専門の治療院に診てもらうほうがいいでしょう。ただし、漢方薬同様、即効性があるわけではない点には注意が必要です。


育毛シャンプー・育毛剤

育毛シャンプーや育毛剤なども通販や市販されています。副作用などの心配はほとんどありませんが、これらは医学的に効果が認められているわけではありません。
初期段階の薄毛であれば、頭皮の状態を正常に戻し、脱毛を減少させられるかもしれませんが、効果が認められた医薬品ではないため、過度な期待は禁物です。

当院での治療症例女性

B&Hメディカルクリニックに通い、それぞれの症状に適した治療を無理なく続け、発毛を実感した方々を紹介いたします。
※効果には個人差があります。※税込・モニター価格の治療費用です。

CASE1

治療症例1 イメージ写真
治療前治療前
1ヶ月後1ヶ月後
3ヶ月後3ヶ月後
6ヶ月後6ヶ月後
  • 薬治療期間
    1年間
  • 治療費用
    ¥26,400〜/ 月
    施術価格は含まれておりません。
  • 施術
    6ヶ月
  • 治療方法
    ヘアプレミアムセット
  • リスク・副作用
    まれに血圧低下、むくみ、皮膚の軽度の痛み、出血が起こることがございます。
  • 性別
    女性
  • 薬治療期間
    1年間
  • 施術
    6ヶ月
  • 治療費用
    ¥26,400〜/ 月
    (税込・モニター価格)
    施術価格は含まれておりません。
  • 治療方法
    ヘアプレミアムセット
  • リスク・副作用
    まれに血圧低下、むくみ、皮膚の軽度の痛み、出血が起こることがございます。

CASE2

治療症例2 イメージ写真
治療前治療前
治療1ヶ月後治療1ヶ月後
治療3ヶ月後治療3ヶ月後
治療6ヶ月後治療6ヶ月後
  • 薬治療期間
    1年間
  • 治療費用
    ¥26,400〜/ 月
    施術価格は含まれておりません。
  • 施術
    6ヶ月
  • 治療方法
    ヘアプレミアムセット
  • リスク・副作用
    まれに血圧低下、むくみ、皮膚の軽度の痛み、出血が起こることがございます。
  • 性別
    女性
  • 薬治療期間
    1年間
  • 施術
    6ヶ月
  • 治療費用
    ¥26,400〜/ 月
    (税込・モニター価格)
    施術価格は含まれておりません。
  • 治療方法
    ヘアプレミアムセット
  • リスク・副作用
    まれに血圧低下、むくみ、皮膚の軽度の痛み、出血が起こることがございます。

診療の流れ

費用一覧

基本治療費用

内容 価格
初診・再診料 無料
カウンセリング
マイクロスコープ診断
血液検査(2回)

※発毛治療開始の方のみ

育毛タブレット

内容 価格
HGPタブレット 初回 ¥3,300※当院オリジナル発毛治療開始の方に限ります。
2回目
以降
¥6,600 ~
¥7,700

女性専用オリジナル薄毛治療薬

内容 価格
内服薬 Hタブ Lady ¥6,600 ~
¥23,100
Hタブ
プレミアム
一人ひとりのご希望に
合わせて異なるため、
お問い合わせください
外用薬
Hリキッド
Lady
¥13,200 ~
¥15,400

メソセラピー

内容 価格
ノーニードル
メソセラピー
初回 ¥16,500 /回※当院オリジナル発毛治療開始の方に限ります。
2回目
以降
¥33,000 ~
¥77,000 /回
オリジナル
メソセラピー
2cc ¥52,800 ~
¥61,600 /回
4cc ¥66,000 ~
¥77,000 /回

※料金はすべて税込表記です。

薄毛治療一覧

FAGAに関するよくある質問

FAGAは自然治癒しますか?

原因にもよりますが、
自然治癒することはほとんどありません。

FAGAは、さまざまな原因で起こるため、生活習慣やストレスなどが原因である場合は、これらを改善すれば、抜け毛の予防などにつながる可能性もあります。
ただし、それだけで発毛量を増やすことは、困難だといえます。

また、ホルモンや加齢、遺伝などが関係する場合は、医薬品などを用いた治療が必須です。
自然治癒を期待して放置していては、悪化してしまう一方ですので、注意しましょう。


20代や30代でもなりますか?

年齢関係なく、
発症する疾患です。

FAGAは、加齢にともない増加する疾患ですが、年齢関係なく発症します。
早い方は、20代や30代でも症状があらわれます。
当クリニックでは、20代30代の患者様も大勢いらっしゃいます。
悪化させないためにも、早めに治療を開始することをおすすめします。


FAGAの治療は何歳からはじめるべきですか?

気になりだした時点で、
早めに治療することが推奨されています。

FAGAは、進行性の病気です。
放置していると、虫歯のように、症状は悪化してしまう一方です。
症状が悪化すればするほど、それに比例して治療費も治療期間も増えてしまいます。
そのため、気になる症状があったら、早めに治療を開始するようにしましょう。


>FAGAの治療方法


病院は何科を受診するべきですか?

特別な事情がない限り、
薄毛の専門クリニックがおすすめです。

女性の薄毛には、さまざまな症状と原因が考えられます。産後や妊娠中に抜け毛が増えたようなら、産婦人科を受診しましょう。頭皮にかゆみや炎症などがある場合は、頭皮そのものに問題がある可能性が高いため、皮膚科がおすすめです。
産後や妊娠中以外で、頭皮に異常がない場合は、薄毛の専門クリニックを受診しましょう。皮膚科でも治療はおこなっていますが、あくまでも皮膚の専門医のため、薄毛治療を専門としているわけではありません。また、一般的な病院では、ほかの患者さんと同じ待合室や処方薬局で待つことになり、プライバシーに配慮されているとはいえないでしょう。
当クリニックでは、薄毛治療の実績が豊富な医師が、きめ細かな治療をさせていただきます。また、プライバシーにも配慮し、完全予約制・個室制のため、ほかの患者様とお会いすることもありません。本格的に薄毛治療をされるなら、薄毛の専門クリニックでの治療をおすすすめいたします。


セルフケアはできますか?

進行したFAGAの場合、
セルフケアだけで改善するのは難しいといえます。

薄毛の原因が生活習慣などである場合、規則正しい生活にし、頭皮ケアをすることで、抜け毛の抑制などは可能なこともあります。ただし、これはごく初期症状の場合に効果がある可能性があるという程度ですし、時間も根気も必要になります。また、抜け毛の予防にはなったとしても、セルフケアだけで発毛を促すことは難しいでしょう。
薄毛治療を考えていらっしゃる方は、できれば早めに効果を得たいのではないでしょうか。効果が得られるかわからないセルフケアに時間をかけても、その間にも、症状はじわじわと進行してしまいます。効果が得られる可能性が低いセルフケアをするよりも、効果が高い医療の力で、早めに治療をするのがおすすめです。


FAGAとびまん性脱毛症の違いはなんですか?

びまん性脱毛症は、
「広範囲に広がっている」という意味です。

びまん性脱毛症は、広範囲に薄毛が広がっている状態を指します。
これは、男性のAGAが部分的に薄くなっていくのとは対照的です。
FAGAとびまん性脱毛症は、ほぼ同じ意味合いで使われますが、FAGAでも男性のように、部分的に進行していくケースもあります。
広範囲にわたって薄毛が広がっていく状態が、びまん性脱毛症であるといえます。