AGA(男性の薄毛)の
治療方法

AGAの治療方法

男性の薄毛治療

オリジナル薄毛治療薬

Hタブ(内服薬)

Hタブ 画像

「Hタブ」は、B&Hメディカルクリニックがオリジナルに開発したAGA(男性の薄毛)の内服薬です。
脱毛予防効果のあるフィナステリドと、育毛効果のあるミノキシジルを主成分とし、さらに髪に栄養を与えるアミノ酸やビタミンを配合しています。
発毛しながら、健康な毛髪の成長を促します。
1日1回服用するだけですので、手間もありません。

Hタブ 画像

Hリキッド(外用薬)

Hリキッド 画像

「Hリキッド」は、ロールオンタイプの外用薬です。ミノキシジル8%を主成分とし、それ以外に、次の成分を配合しています。

<育毛成分>

  • デカペプチド-41
  • オクタペプチド-2
  • オリゴペプチド-41
  • アセチルテトラペプチド-3 + アカツメクサ花エキス
  • パンテノール
  • ナイアシンアミド

<有効成分>

  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • イノシトール
  • グリチルリチン酸2K
  • 8種類のアミノ酸とPCA
  • エトキシジグリコール

男性の場合、1日2回患部に塗布します。当院のリキッドは、ロールオンのため手を汚さず、マッサージしながら塗布できる点もメリットです。

Hリキッド 画像

HWセット(内服薬 + 外用薬)

HWセット 画像

「HWセット」は、HタブとHリキッドのセット商品です。併用することで内側と外側からWで毛根にアプローチできるため、短期間で高い効果を得たい方におすすめです。

HWセット 画像

Hタブ プレミアム

「Hタブ プレミアム」は、オーダーメイドのAGA治療です。患者様の症状や進行度、ご予算に合わせて、必要なお薬を処方します。

薄毛治療薬の詳細

薄毛治療薬の費用

メソセラピー

メソセラピーは、AGAに効果のある成分を、頭皮に直接注入する治療方法です。
発毛効果は99.8%で、治療を受けた方のほとんどにご満足いただいています。
当院では、患者様一人ひとりの症状にあったオリジナルメソセラピーと、痛くないノーニードルメソセラピーをご提供しています。

オリジナルメソセラピー

メソセラピー 画像

あなただけのオーダーメイドカクテルを頭皮に直接注入

オリジナルメソセラピーは、患者様一人ひとりの頭皮の状態やAGAの進行具合にあわせて調合した、当院オリジナルのメソセラピーです。
FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けている数種類の成長因子を配合した薬剤「BENEV GF」や、ミノキシジル、フィナステリドなど、AGA治療に有効な成分を配合しています。

メソセラピー 画像

ノーニードルメソセラピー

痛みなく圧倒的発毛を実感でき、発毛実感率99.8%

痛みが苦手な方には、痛みのない「ノーニードルメソセラピー」がおすすめです。
一時的に皮膚細胞膜に隙間をあけ、特殊な電気パルスを皮膚(頭皮)表面に与えることにより、毛根に効果のある有効成分を浸透させる最新の治療法です。

メソセラピーの詳細

メソセラピーの費用

ヘアプレミアムセット

ヘアプレミアムセット 画像

最短でかつての髪を取り戻す!

“ヘアプレミアムセット“は、“ノーニードルメソセラピー”と“オリジナル薄毛治療薬 HWセット”で、より早く発毛を実感できる特別セットです。
頭皮に直接発毛に有効な成分を注入しながら投薬治療をすることで、より高い効果が期待できます。最短で効果の高い治療を行いたい方におすすめです。

ヘアプレミアムセット 画像

内服薬

当院では、日本で承認されているAGA治療薬もご提供しています。すべて1日1回服用するだけですので、手軽にAGA治療が可能です。
費用を抑えたジェネリックもございますので、ご検討ください。

内服薬の費用

プロペシア

プロペシア 画像

世界60ヵ国以上で承認
厚生労働省認可のAGA治療薬

プロペシアは、脱毛抑制に特化したAGA治療薬です。主成分はフィナステリドで、厚生労働省にも認可されています。
AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、5αリダクターゼという酵素によって変換することで作られます。プロペシアは、5αリダクターゼを阻害することにより、DHTの作成を防ぎ、AGA改善に導きます。

プロペシアの詳細

プロペシア 画像

プロペシアジェネリック「トーワ」

プロペシアジェネリック「トーワ」

フィナステリド配合
ジェネリック医薬品

プロペシアジェネリック「トーワ」は、日本のジェネリック医薬品専門の製薬会社「トーワ」が販売しているプロペシアのジェネリックです。
成分や効果、副作用などはプロペシアと同様ですが、ジェネリックのため、安く購入できます。薄毛の治療費用を抑えたい方は、ジェネリックもご検討ください。

プロペシアジェネリックの詳細

プロペシアジェネリックトーワ」

ザガーロ

ザガーロ 画像

AGAの原因物質を強力に抑制
厚生労働省認可の新・AGA治療薬

ザガーロは、デュタステリドを主成分とする最新のAGA治療薬です。作用機序はプロペシアと似ていますが、プロペシアが効果があるのは、5αリダクターゼⅡ型に対してのみです。
ザガーロは5αリダクターゼⅠ型にも効果があるため、プロペシアで効果が得られなかった方にも効果が期待できます。また、発毛効果も高く、増毛本数がプロペシアの1.6倍とされています。
ただし、効果が高い分、プロペシアよりも副作用が多いとされています。また、最新のAGA治療薬のため、プロペシアよりも割高です。プロペシアとザガーロがどちらがいいかお悩みでしたら、医師にご相談ください。

ザガーロの詳細

ザガーロ 画像

サプリメント「HGPタブレット」

話題の新成分配合

当院では、オリジナルの「HGPタブレット」をご提供しています。HGPとは、日本で作られた卵の卵黄からなる有効成分です。
薄毛の原因のひとつといわれる毛母細胞・毛乳頭に直接働きかけ、弱った細胞の賦活化を助けます。学術論文や発表もされ、治験結果にてエビデンスも取得しています。さらに、卵黄由来なので副作用の心配もなく、安心して飲み続けられます。

HGPタブレットの費用

AGA治療に関するよくある質問

AGA治療はいつからはじめるべきですか?

抜け毛などが気になりはじめたときが
おすすめです。

多くの病気がそうであるように、AGA治療も、 「早期発見・早期治療」がベストです。AGA治療は、はじめるのが早いほど治療期間も短く、治療費用も抑えることができます。症状が進行するほどでは治療に時間もかかり、その分費用も高額になってしまいます。さらに、進行したAGAの場合、治療が難しくなってしまうこともあるのです。

AGAは進行性のため、対策をしなければ、自然治癒することはなく、症状は徐々に悪化してしまいます。
「気づいたときには手遅れだった」ということにならないためにも、抜け毛や額の後退などが気になってきたら、早めに対策することがおすすめです。

また、AGAというと、高齢の方が発症するイメージがあるかもしれません。しかし、実は年齢は関係なく発症します。
その理由は、AGAの原因が、遺伝に大きく関係しているためです。薄毛になりやすい遺伝子をもっていると、若いときに発症する可能性も高く、AGA全体の発症率では、20~30代で発症する方が30%にものぼります。さらに、若い方のほうが、進行速度が早いともいわれています。

そのため、「若いからまだ大丈夫だろう」ということはなく、若い方こそ、早めに治療をはじめるべきなのです。近年は、20~30代でAGAクリニックに通院されている方も大幅に増えています。後悔しないためにも、先延ばしせず、早めに治療することをおすすめします。

AGA治療の効果はいつからでますか?

3ヶ月から6ヶ月が
一般的です。

AGA治療を開始してから効果が出るのは、早い方で3ヶ月、平均では6ヶ月とされています。

ただし、個人差や進行度などもありますので、一概にはいえません。症状が進行している場合などは、1年、あるいはそれ以上の期間が必要になることもあります。

いずれにしても、効果があらわれるまでには時間がかかります。1ヶ月や2ヶ月で効果があらわれないからといって、治療を中断しないようにしましょう。

AGA治療はいつまで続けるべきですか?

6ヶ月から1年ほどが
平均的な治療期間です。

治療期間も個人差があるため一概にはいえませんが、ほとんどの方が、6ヶ月から1年ほど治療を継続しています。

なお、治療を中断すると、せっかく回復していたのに、薄毛に戻ってしまう可能性もあります。服薬や治療頻度を減らしたい場合は、医師にご相談ください。

男性不妊など副作用はありますか?

性機能の低下の発現率は、
1%未満です。

現在、AGA治療に使われているお薬は、安全性が高く、副作用があらわれる確率が比較的低くなっています。
プロペシアやザガーロなどは性機能の低下が副作用としてあげられますが、発生率は、わずか1%未満です。

また、プロペシアの成分が精液中に溶け出すのは0.00076%以下と、限りなくゼロに近いというデータがあることから、子作りへの影響はほとんどないといえるでしょう。

ただし、ザガーロはプロペシアよりも効果が高い分、副作用も強いとされています。気になる方は、プロペシアの利用がおすすめです。

参照:プロペシア錠0.2mg/1mg 医薬品インタビューフォーム

治療中、飲酒してもいいですか?

過度な飲酒でなければ
構いません。

AGAの治療中でも、お酒を飲むことはNGではありません。ただし、副作用が出やすくなる可能性もありますので、服用の前後2~3時間は、飲酒は控えることをおすすめします。夜にお酒を飲む方でしたら、朝にお薬を服用しましょう。

ただし、プロペシアの成分フィナステリドは肝臓で分解されるため、服用することで肝臓に多少の負担がかかります。そのため、過度な飲酒によって、肝機能の低下も懸念されるため、飲みすぎには注意しましょう。

飲み薬だけで治療ができますか?

進行度にもよりますが、
可能です。

AGAがそれほど進行していない場合は、服薬のみでの治療も可能ですので、注射が苦手な方でもご安心ください。

ただし、メソセラピーと併用するほうが、効果が得られやすく、治療期間も短く済むことがほとんどです。短期間で高い効果を得たい方は、メソセラピーとの併用もご検討ください。

AGA治療薬はいつ飲むのが効果的ですか?

食後でも食前でも、
飲みやすいタイミングで構いません。

AGA治療薬は、服用するのは食前でも食後でも、ご自分の飲みやすいタイミングで構いません。
ただし、毎日同じ時間帯に飲んだほうが効果が得られやすくなるため、できるだけ同じ時間に飲むようにしましょう。

AGA治療薬を飲み忘れたらどうしたらいいですか?

1日近く経っている場合は、
忘れた分はとばしてください。

数時間程度でしたら、気づいたときに服用してください。
1日近く経ってしまった場合は、忘れた分を服用すると、1日に2回服用することになってしまいます。
その場合は、忘れた分の服用をとばして、次の日からまた再開するようにしてください。

なお、AGA治療薬は、毎日服用することで効果を得られるお薬です。なるべく飲み忘れないようにしましょう。

AGA治療薬をやめるとどうなりますか?

自己判断で中断すると、
もとに戻ってしまう可能性があります。

AGAの治療は、短期間で終わるものではなく、時間がかかることが特徴です。
少し効果があらわれてきたからといって、自己判断で治療を中断してしまうと、もとに戻ってしまう可能性があります。
治療の中断やお薬の減薬などは、医師にご相談ください。

健康保険は適用されますか?

適用外ですが、
分割払いなどをご利用いただけます。

AGAの治療は自由診療となるため、健康保険は適用されません。
ただし、各種クレジットカードや、メディカルクレジット(分割払い)などをご利用いただけます。詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

>そのほかの薄毛の治療に関する質問はこちら