プロペシアジェネリック「サワイ」

プロペシアジェネリック「サワイ」

フィナステリド錠

プロペシアジェネリック「サワイ」とは

プロペシアジェネリック「サワイ」画像

フィナステリド錠「サワイ」は、薄毛治療薬プロペシア」のジェネリック医薬品です。

効果や副作用、成分はプロペシアと同様ですが、ジェネリックのため、安く購入できます。少しでも薄毛の治療費用を安くしたい方におすすめです。

製造元は大手製薬会社の沢井製薬で、厚生労働省に2016年2月18日に認可されています。プロペシアのジェネリックのなかでも、安心して利用できるといえるでしょう。

プロペシアジェネリックの主な効果は、脱毛を抑制することで、AGA(男性の薄毛)を改善することです。1日1回服用するだけですので、無理なく治療を続けられます。

プロペシアジェネリック「サワイ」画像

プロペシアジェネリックの効果

プロペシアジェネリックの効果は、先発薬であるプロペシアと同様で、主成分もフィナステリドです。主な効果は、「薄毛の進行の抑制」です。

AGAの原因はさまざまなものが考えられますが、そのひとつが、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンです。このDHTは、男性ホルモンが5α還元酵素によって変換されて生まれます。過剰に生成されることで、髪が成長する前に抜け落ち、AGAになってしまいます。

プロペシアジェネリックは、この5α還元酵素を抑制するはたらきがあります。5α還元酵素を抑制することによりDHTが生成されにくくなり、AGAを改善するのです。

ミノキシジルとの併用で効果倍増

プロペシアと並んで有名なAGA治療薬に、ミノキシジルがあります。メソセラピーや発毛薬・育毛剤などに使われている成分で、世界90ヵ国で承認されています。

ただし、同じAGA治療薬とはいえ、プロペシアジェネリックとは作用機序が異なります。

プロペシアジェネリックは脱毛や抜け毛を抑制するのに対し、ミノキシジルは、発毛・育毛効果があります。

そのため、プロペシアジェネリックとミノキシジルを併用すれば、抜け毛を防ぎつつ発毛できるため、短期間で高い効果を得られることが期待できます。とくに進行したAGAの方には、併用することがおすすめです。

B&Hメディカルクリニックでは、フィナステリドとミノキシジルを主成分として構成したオリジナル薄毛治療薬「Hタブ」をご提供しています。ご検討される方は、医師にご相談ください。


薄毛治療薬の詳細

参照:日本皮膚科学会ガイドライン

プロペシアジェネリックとプロペシアの違い

プロペシアとプロペシアジェネリックの違いは、基本的には価格と製造会社、添加物や形状・味などのみです。
効果や副作用、成分がフィナステリドである点などはどちらも同じで、ほとんどの方は、同じように利用できます。
また、当クリニックで処方している「サワイ」は、厚生労働省にも認可されているため、安全性に関しても心配はありません。
沢井製薬は、日本の製薬会社ですので、安心してご利用いただけます。

価格はジェネリックのほうが安いため、薄毛の治療費用を安くおさえたい方は、ジェネリックがおすすめです。
ただし、添加物は異なるため、人によっては副作用が出やすくなってしまうなどの可能性も考えられます。
気になる症状がある方は、医師にご相談ください。

なお、「サワイ」の添加物は、以下のとおりです。

  • カルナウバロウ
  • 結晶セルロース
  • 酸化チタン
  • 三二酸化鉄
  • ジオクチルソジウムスルホサクシネート
  • ステアリン
  • 酸Mg
  • タルク
  • デンプングリコール酸Na
  • 乳糖
  • ヒドロキシプロ
  • ピルセルロース
  • ヒプロメロース
  • 部分アルファー化デンプン

これらの成分にアレルギーがある方は、利用をお控えください。

参照:ジェネリック医薬品の沢井製薬|なによりも患者さんのために

プロペシアジェネリックの副作用

プロペシアジェネリックの副作用は、基本的にはプロペシアと同様です。重篤な副作用が起こることはほとんどありませんが、起こりうる副作用は、以下のとおりです。

  • 性欲減退
  • 肝機能障害

性欲減退はとくに気にされる方が多いかもしれませんが、臨床試験では、副作用があらわれたのは、被験者のうちの0.7%程度でした。

発生頻度は低いため、過度に気にする必要はありませんが、気になる症状がある場合は、服用を中止して、医師にご相談ください。


参照:フィナステリド錠「サワイ」 添付文書

プロペシアジェネリックの飲み方

プロペシアジェネリックは、1日1錠を、水やぬるま湯で服用します。食事の影響はほとんどないため、食前でも食後でも構いません。

ただし、効果を最大限得るためには、24時間おきに服用することが推奨されています。飲み忘れを防ぐためにも、毎日同じ時間に飲むように習慣づけるといいでしょう。

プロペシアジェネリックの価格

プロペシアジェネリックは、ジェネリック医薬品のため、プロペシアよりも安い値段で購入できます。当クリニックでは、初回は1,500円、2回目以降は6,000円でご提供させていただいております。治療費を安くしたい方は、ぜひご検討ください。

※料金はすべて税抜表記です。

薄毛無料カウンセリングはこちら

プロペシアジェネリックが効かない原因と対処法

プロペシアジェネリックは、厚生労働省にAGA治療薬として認可され、世界でも60ヶ国以上の国でも承認されているお薬です。
ただし、あらゆる薄毛に効果があるわけではありません。
効かない場合、原因として、次のようなものが挙げられます。

脱毛予防だけでは効果が足りない

プロペシアジェネリックの成分フィナステリドは、主に脱毛の抑制に特化しています。そのため、発毛効果はそれほど高くありません。
AGAの症状が初期の方でしたら、抜け毛を抑制するだけでも治療効果が期待できますが、ある程度進行している方は、脱毛予防と同時に、発毛促進が必要になります。

プロペシアジェネリックよりも発毛促進効果が高いAGA治療薬には、ミノキシジルが挙げられます。
進行したAGAの方には、プロペシアジェネリックで脱毛予防をするのと同時に、ミノキシジルで発毛促進をする治療がおすすめです。
脱毛を予防しながら、健康な毛髪の増毛を促し、治療効果も早く得られます。

ミノキシジルの詳細

プロペシアジェネリックが効きにくい範囲の薄毛

プロペシアジェネリックは、5α還元酵素に効果があります。
実は、この5α還元酵素には、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があります。
プロペシアジェネリックが効果があるのは、Ⅱ型に対してです。
そのため、Ⅰ型が原因でAGAとなっている場合には、プロペシアジェネリックでは効果が見られないこともあります。
その場合は、Ⅱ型にも効果があるザガーロへの切り替えも検討してみましょう。

ザガーロの詳細

服用期間が短い

AGA治療は、プロペシアジェネリックの服用だけに限らず、効果があらわれるまで、ある程度の時間が必要です。
早くても3ヶ月、一般的には6ヶ月から1年程度の時間が必要とされています。
すぐに効果があらわれるわけではないため、服用を中断せずに続けることが大切です。

用法用量が間違っている

プロペシアジェネリックは、用法用量を間違っていると、効果が得られません。
1日おきの服用などでは効果が得られないため、かならず1日1回服用しましょう。
また、フィナステリドは約24時間で体内から消失するため、できるだけ毎日同じ時間に服用するほうが、効果が得られやすいとされています。
アラームをかけるなどして、飲み忘れないようにしましょう。
なお、副作用が強くて量を減らしたい場合などは、医師にご相談ください。

薄毛の原因がAGAではない

男性が薄毛の原因は、ほとんどがAGAだとされていますが、なかには、甲状腺・腎不全など、ほかの病気が原因で薄毛になっているケースもあります。
ほかの病気が原因で薄毛になっている場合は、プロペシアジェネリックなどのAGA治療薬では、効果が得られません。

また、「円形脱毛症」もAGAではないため、プロペシアジェネリックは効かないとされています。
薄毛の原因がおわかりにならない場合は、当クリニックにご相談ください。

偽物のプロペシアジェネリックだった

詳しくは後述しますが、個人輸入代行業者などを利用して購入した場合、偽物だったという可能性もありえます。
偽物では、成分が少ないなどの理由で、効果が得られないこともありますし、有害な物質が含まれていて、体になんらかの影響があることもありえるのです。
国内で承認されていない医薬品は、なにがあっても自己責任となってしまうため、個人輸入代行業者から購入するのは、いくら安いからといっても、おすすめできません。

プロペシアジェネリックを服用できない方

プロペシアジェネリックは、次のような方は服用ができません。

  • 含有成分にアレルギーをお持ちの方
  • 未成年者の方
  • 女性
  • 頭頂部以外の部位も脱毛している方
  • 脱毛が急激に起きた方
  • 頭皮を強く引っ張ることにより、脱毛が進行している方
  • 壮年性の脱毛症以外の脱毛症の方

とくに妊娠している女性や妊娠している可能性がある女性、授乳中の女性は注意が必要です。男児を妊娠している場合、生殖器官の発達に悪影響を及ぼす危険があります。

また、触れてしまうだけでも悪影響があります。女性がいる場合は、錠剤が砕けたり割れたりした状態で肌に付着しないよう、お薬の管理にも注意しましょう。

FAGA(女性の薄毛)の治療には、ミノキシジルなどを用いてください。

参照:厚生労働省「プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について」

FAGA治療の詳細

プロペシアジェネリックの注意点

プロペシアジェネリックをご利用される場合、以下の点にご注意ください。

肝臓に負担をかける可能性がある

フィナステリドは肝臓で分解されるため、肝臓に多少負担をかける可能性があります。
そのため、肝機能が悪い方は、服用できない場合もあります。
肝機能に異常がないかを調べるためには。半年に一度程度の血液検査を推奨しています。

なお、肝機能障害のリスクは、0.2%と非常に低いため、肝機能に問題がない方でしたら、副作用としてはそれほど心配する必要はありません。

ただし、アルコールも肝臓で分解されるため、服用中に過度なアルコールを摂取すると、肝臓に大きな負担がかかってしまいます。
プロペシアジェネリックを服用しているときに飲酒することは禁止されていませんが、肝臓に負担をかけないためにも、お酒の飲みすぎには注意しましょう。

献血ができない

プロペシアジェネリックを服用している間は、献血はできません。
具体的な期間は、服用を中止してから、1ヶ月は献血できないと定められています。
献血ができない理由として、女性や未成年に輸血されてしまう可能性があるためです。
もしも服用中に誤って献血をしてしまった場合は、すぐに献血センターへ連絡しましょう。

参照:献血をご遠慮いただく場合|東京都赤十字血液センター|日本赤十字社

前立腺がんの検診は注意

プロペシアジェネリックを服用していて、前立腺がんの検診を受ける場合は、注意が必要です。 臨床試験において、PSA値が40~50%低下したデータもあるため、前立腺に異常があった場合、発見が遅れてしまう可能性があります。
前立腺がん検診をおこなう場合は、フィナステリドを服用中であることを医師に伝えるようにしましょう。

なお、プロペシアジェネリックは、一般的な健康診断では数値に影響がでることはほとんどありませんが、PSA値を調べられることもあります。
健康診断を受ける際にも、できれば医師にプロペシアジェネリックを服用中であることを伝えたほうがいいでしょう。

プロペシアジェネリックの通販(個人輸入)

プロペシアジェネリックは、個人輸入代行業者を利用すれば、通販で病院やクリニックに行く必要なく、安く、簡単に購入できます。個人輸入代行業者から購入できる海外製のプロペシアジェネリックとしては、インドのシプラ社が製造販売している「フィンペシア」などが有名です。

しかし、これらのほとんどは厚生労働省に認可されていないもので、効果がないだけでなく、健康被害があったケースが日本でも報告されています。治療のためのお薬で、逆に体調が悪くなってしまっては、元も子もありません。

また、持病や服用薬などによっては、プロペシアジェネリックを服用できないことや、服用に注意が必要なこともありますが、通販では、事前に医師の診断も受けられません。偽物でなかったとしても、副作用が強くでてしまう場合などもあります。医師の処方のもと、信頼できる製薬会社のジェネリックを利用するようにしましょう。


参照:厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」

プロペシアジェネリックに関するよくある質問

効果は最短でいつからでますか?

プロペシアジェネリックを利用しはじめて、どれくらいで期間がでるかは、症状の進行具合によって異なり、個人差もあります。
最短で3ヶ月程度で効果があらわれる方もいらっしゃいますが、平均して6ヶ月程度、症状が進行している方は1年から2年程度です。
すぐに効果が得られるわけではなく、メーカーからも、6ヶ月以上の継続服用が推奨されています。

なお、プロペシアジェネリックの主成分のフィナステリドは、脱毛予防がメインとなるため、発毛効果はあまり期待できません。
早めに効果を得たい場合は、発毛効果のあるミノキシジルとの併用や、育毛メソセラピーとの併用がおすすめです。
ミノキシジルは、フィナステリドとの相乗効果により、高い効果が得られます。
また、メソセラピーは頭皮にダイレクトに発毛成分を注入するため、体の内側と外側からはたらきかけ、さらなる発毛が実感できます。

メソセラピーの詳細

ミノキシジルとの違いはなんですか?

プロペシアジェネリックは、主成分がフィナステリドで、主に脱毛の抑制に特化したAGA治療薬です。飲み薬のみで、塗り薬はありません。
一方ミノキシジルは、発毛に特化したお薬で、進行したAGAの方にも高い効果が期待できます。ミノキシジルは、飲み薬だけでなく、塗り薬も処方されます。
当クリニックでは、オリジナルの「Hリキッド」をご提供しています。

プロペシアジェネリックもミノキシジルジェネリックも、AGA治療薬であることにはかわりはありませんが、作用が異なるため、併用することで相乗効果が得られ、早い段階で治療効果を得られます。
早めに治療したい方は、プロペシアジェネリックと、ミノキシジルを併用されるのがおすすめです。

薬局で購入できますか?

プロペシアジェネリックは、薬局(ドラッグストア)では購入できません。
医療用医薬品になるため、入手するには、医師の処方が必要になります。

>そのほかの薄毛の治療に関する質問はこちら