薄毛の治療方法一覧

薄毛治療

治療一覧

当クリニックの薄毛治療方法


オリジナル薄毛治療薬

発毛促進・抜け毛を予防・力強い髪を
毛根から生やす!
独自の研究に基づいた
オリジナル薄毛治療薬『Hシリーズ』

Hタブ(内服薬)

Hタブ 画像

"オリジナル薄毛治療薬 Hタブ(内服薬)"は、医学的根拠に基づき、発毛専門の医師が開発した、当院独自の発毛薬です。
発毛効果のある成分として世界中で認められているフィナステリドとミノキシジルを主成分に構成されており、その他に髪に栄養を与えるアミノ酸やビタミンを配合しています。発毛力を高め、ハリやコシのある強い髪に成長させる高濃度・高品質のオリジナル薄毛治療薬です。
さらに患者様からのご要望にお応えして、一人ひとりのお悩み・症状・ご希望・ご予算に合わせ、発毛に本当に必要な成分をオーダーメイド処方する『Hタブ プレミアム』もご用意しております。

Hタブ 画像

Hリキッド(外用薬)

Hリキッド 画像

"オリジナル発毛薬 Hリキッド"は、医学的根拠に基づき開発された外用薬です。髪の成長に必要な栄養分を直接毛乳頭に届けることで発毛力を高めます。外側から発毛を促進し、力強い髪を生やします。
内服薬に比べ、副作用が少ないのもメリットです。

Hリキッド 画像

HWセット(内服薬 + 外用薬)

HWセット 画像

"オリジナル薄毛治療薬 Hタブ(内服)"と“オリジナル発毛薬 Hリキッド(外用薬)"を組み合わせることにより、内側と外側からWで毛根にアプローチするため、単体処方よりも発毛力を高めることができます。

HWセット 画像

薄毛治療薬の詳細

薄毛治療薬の費用

メソセラピー

オリジナルメソセラピー

メソセラピー 画像

あなただけのオーダーメイドカクテルを頭皮に直接注入

最大の発毛効果を目標に、薄毛、抜け毛治療に長年携わってきた医師が、一人ひとりの頭皮状態・進行度に合った当院オリジナル発毛カクテルをご提案いたします。
症状の分析を的確に行い、その症状に合った最適な薬剤を選ぶことで、治療を受けられた方の発毛実感率は99.8%と、ほぼ全ての方にご満足いただいております。


ノーニードルメソセラピー

痛みなく圧倒的発毛を実感でき、発毛実感率99.8%

当院は、痛くない「オリジナルノーニードル注入法」を用いたノーニードルメソセラピーもご用意しております。針を使わないため、痛みなく発毛を実感できるとして、大変人気の治療です。痛みが苦手な方でも、安心してご利用いただけます。

メソセラピー 画像

メソセラピーの詳細

メソセラピーの費用

ヘアプレミアムセット

ヘアプレミアムセット 画像

最短でかつての髪を取り戻す!

“ノーニードルメソセラピー”と“オリジナル薄毛治療薬 HWセット”で、スピード発毛を実感できる当院オリジナル治療です。発毛専門の医師が、患者様一人ひとりの症状に合わせてカクテルを調合します。あなたにあった治療で、より発毛スピードを高めることができます。
超速実感したい方はこちらをおすすめいたします。

ヘアプレミアムセット 画像

内服薬

プロぺシア

プロペシア 画像

世界60ヵ国以上で承認
厚生労働省認可のAGA治療薬

プロぺシアは、抜け毛予防に有効な成分フィナステリドを主成分としたAGA治療薬(医薬品)で、AGA(薄毛)にもっとも有効な薬のひとつです。
AGAの原因物質を抑制することで薄毛の原因を改善させ、抜け毛を予防します。

プロペシア 画像

プロペシアの詳細

ザガーロ

ザガーロ 画像

AGAの原因物質を強力に抑制
厚生労働省認可の新・AGA治療薬

ザガーロは、抜け毛予防に有効な成分デュタステリドを主成分とした、プロぺシア同様、AGAにもっとも有効な薬のひとつです。
DHT(ジヒドロテストステロン)に変換する原因となる5αリダクターゼⅠ・Ⅱ型両方を抑制します。

ザガーロ 画像

ザガーロの詳細

プロペシアジェネリック
「サワイ」

プロペシアジェネリック「サワイ」画像

フィナステリド配合
ジェネリック医薬品

フィナステリド錠「サワイ」は、プロぺシア同様、抜け毛予防に有効な成フィナステリドを主成分とした国内で初めて承認を取得したジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、一般的に先発医薬品の7割程度の価格のため、毎月のコストを抑えることができます。

プロペシアジェネリック「サワイ」画像

プロペシアジェネリックの詳細

内服薬の費用

発毛タブレット

HGPタブレット

話題の新成分配合

卵黄タンパク由来成分を凝縮した当院オリジナルタブレットです。太く、丈夫でコシのある髪の元をつくり、髪の成長をサポートをする話題の新成分を配合。性別を問わず、副作用が心配な方も安心してご利用いただけます。

発毛タブレットの費用

薄毛治療が適している方

薄毛治療は、以下のような方に適しています。

  • 植毛などの外科手術を行いたくない方
  • 手間をかけずに薄毛を改善したい方
  • 治療費用を抑えたい方
  • 親族に薄毛の方がいらっしゃる方
  • 生活習慣が気になる方
  • 抜け毛が増えてきた方
  • 生え際、後頭部が気になる方
  • 全体的に薄くなってきたと感じる方
  • 細い髪やコシのない髪が増えてきた方
  • ストレスが多い方
  • 喫煙される方

薄毛は少しずつ進行していく疾患ですので、気になる点がある方は、早めに治療を受けられることをおすすめします。

薄毛無料カウンセリング予約はこちら

無料カウンセリングWeb予約

>薄毛無料カウンセリング予約(Web)

無料カウンセリングLINE予約

>薄毛無料カウンセリング予約(LINE)

薄毛治療をおすすめできない方

薄毛治療は、ほとんどの方に有効な治療ですが、以下の方には、おすすめできない場合があります。

  • 毛根に実質的な成長が見られない方
  • 広範囲が無毛の方
  • 円形脱毛症の方
  • 病気が原因の方(甲状腺、膠原病、腎不全、鉄欠乏性貧血、梅毒など)

ご自分で判断が難しい場合は、一度当クリニックにご相談ください。

薄毛治療に関するよくある質問

薄毛治療の期間はどれくらいですか?

個人差はありますが、
平均して半年から1年です。

薄毛治療にかかる期間は個人差があるため、一概にはいえませんが、平均して、半年から1年です。早い方では3ヶ月ほどで効果があらわれることもあります。
一般的に、症状が進行しているほど、治療期間が長くなります。

なお、1ヶ月程度ですぐに効果があらわれるわけではないため、効果があらわれなかったとしても、治療を中断しないようにしましょう。
焦らず、気長に治療を続けることが大切です。


初期脱毛は起こりますか?

個人差がありますが、
起こることがあります。

初期脱毛とは、薄毛治療を開始すると、3週間~1ケ月で抜け毛が増える現象です。
個人差がありますが、1ヶ月程度(場合によっては3ヶ月)続くとされていて、「フィナステリド」「ミノキシジル」そして「デュタステリド」などの成分を用いた治療では、初期脱毛が起こることがあります。

治療をはじめたのに脱毛が増えては心配になってしまうかもしれませんが、これは、効果があらわれはじめている証のひとつでもあるのです。
毛髪は、「成長期」「退行期」「休止期」の「ヘアサイクル」を繰り返し、生えたり抜けたりしながら、成長して生まれかわっていきます。
しかし、薄毛に陥ってしまうと、このヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛が十分に育たないうちに抜け落ちてしまうのです。

薄毛の治療をすることで、ヘアサイクルが正常に戻ります。その際、新しく生えてくる髪の成長期に入る前に、古い髪を落とすことになるため、初期脱毛は起こります。

つまり初期脱毛は、ヘアサイクルが正常に戻っている合図でもあるのです。そのため、過度な心配の必要はありませんが、不安な方は、医師にご相談ください。


多毛症になることもありますか?

ミノキシジルを利用する場合、
多毛症になることもあります。

多毛症は、ミノキシジルの副作用のひとつです。ミノキシジルの内服薬(飲み薬)は、全身の毛包にかけて発毛させているため、人によっては患部以外も多毛症になることもあります。

個人差がありますが、どうしても気になる方は、患部にのみ作用するメソセラピーや外用薬(塗り薬)をご検討ください。


>メソセラピーの詳細


また、内服薬をご希望の場合、フィナステリドやデュタステリドへの変更も可能です。フィナステリドやデュタステリドは、発毛効果よりも脱毛抑制効果が強いため、ミノキシジルよりは多毛症になる可能性は低いといえます。
発毛効果はミノキシジルよりは劣ってしまいますが、多毛症が気になる方は、医師にご相談ください。
ただし、フィナステリドやデュタステリドを利用できるのは男性のみで、女性は利用できません。


副作用はどんなものがありますか?

男性機能への影響や、
かゆみなどが起こる可能性があります。

AGA治療薬は、高い安全性が認められているため、重篤な副作用が起こることはほとんどありません。

ただし、 プロペシアは1%未満の確率で性欲減退などの男性機能への影響 ミノキシジルは11%の確率でかゆみなどが起きる可能性があります。 副作用が気になる場合は、医師にご相談ください。


健康保険は適用になりますか?

自由診療のため、
適用外となります。

AGA治療は、皮膚科などにおいても自由診療となるため、健康保険は適用されず、自由診療となります。

ただし、各種クレジットカードや、メディカルクレジット(ローンによる分割払い)もご利用いただけます。詳しくは、当クリニックにお問い合わせください。


治療を途中でやめたらどうなりますか?

自己判断でやめてしまうと、
治療前の状態に戻ってしまう可能性があります。

症状が少し改善したからといって、治療を自己判断で中断してしまうと、治療前の状態に戻ってしまう可能性があります。
薄毛の治療は、平均して半年ほど必要で、進行度によっては、さらにかかることもある治療です。

治療の中断やお薬の減薬などは、自己判断なさらず、必ず医師にご相談ください。


植毛との違いはなんですか?

植毛は外科手術のため、
リスクが高い治療方法です。

植毛は、外科手術にあたります。
手術であるため、体への負担もあり、傷痕が残ってしまいます。
また、拒絶反応があらわれることや失敗する可能性もあるため、かなりの覚悟が必要な治療といえるでしょう。
さらに、植毛する範囲が広くなれば、それに比例して費用も高額になり、100万円以上必要になることが一般的です。

投薬治療やメソセラピーは、副作用などの危険も少なく、日常生活をかわりなく送れます。
費用も植毛と比較すると、安く抑えられます。
植毛は、投薬治療やメソセラピーが行えない場合の「最後の手段」と考えるほうがいいでしょう。


市販の育毛剤との違いはなんですか?

市販の育毛剤は、
安全性は高いものの、効果は弱めです。

近年は、薬局でも育毛剤を購入できるようになりました。
安全性が高く、副作用の危険などは少ないのがメリットですが、その反面、効果が弱めというデメリットがあります。
多くの育毛剤には、発毛効果がある成分のミノキシジルが配合されています。市販されている育毛剤は、含まれているミノキシジルが、1~5%です。

当院で処方している外用薬は、ミノキシジルを8%配合しています。当然濃度が高いほうが効果は高く、早く効果を得られます。
副作用があらわれる確率は多少高くなるものの、頻度はわずか数%です。

薄毛が初期症状でしたら市販の育毛剤で効果を得られることもありますが、ある程度進行してしまってる方には、クリニックで処方されるお薬がおすすめです。

医薬品の個人輸入は
健康被害などのリスクがあります

医薬品の個人輸入は、厚生労働省からも注意喚起されています。


・国内で正規に流通している医薬品は、品質、有効性及び安全性の確認がなされているが、個人輸入される外国製品には保証がない

・不衛生な場所や方法で製造された可能性がある

・虚偽、または誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売している場合がある

・偽造品で、効果がないだけでなく、有害物質が含まれている可能性がある

・自己判断で使用して副作用や不具合などが起きても、適切な対処が困難なおそれがある

以上のようなリスクがあるため、医薬品は医師に処方してもらうようにしましょう。


参照:厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」